キャラ

ドラゴンボール超 ピッコロが第7宇宙の選抜に選ばれた理由

2017/03/28

 

本格的に始まって来た宇宙サバイバル編。第7宇宙選抜のメンバーをおさらいすると

悟空  ベジータ  ブウ  悟飯  ピッコロ  クリリン  天津飯  亀仙人  18号  17号の10人です。

17号の再登場はドラゴンボールファンであればとてつもないほどの胸熱で。

しかもドラゴンボールGTのような敵ではなく今回は味方として登場します。

 

何かと17号に注目が集まりがちですが、ピッコロについて考えていきたいと今回は思いました。

他にも考えなきゃいけねー奴がいるだろーが!なんてことはあえて突っ込まないでください。

 

ピッコロといえば古い付き合いの仲でピッコロ大魔王から歴史を辿ると今回のメンバーの中では亀仙人とクリリンの次に付き合いの長いキャラクターです。

そして悟飯の師匠であり、悟空よりも親を演じていた印象があります。

 

ピッコロも思えば敗戦の歴史が多く、フリーザには結局は手も足も出ずに負け、セル編では善戦したものの結局は負けてしまって、ブウ編では特に見せ場もなく石にされただけで、終いには精神と時の部屋で扉を破壊し、ブウを閉じ込めたつもりが脱出され多くの人々の命を奪われてしまうという失態を犯してしまった人物です。

 

ドラゴンボール超では不甲斐ない過去を払拭するような勢いで登場しますが結果には繋がりません。

なぜそんなピッコロを使い続けるのか?ピッコロの魅力とは何なのかを振り返ってみたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

ピッコロの魅力とは?

 

ピッコロ大魔王編からマジュニア編のピッコロはとてつもなく脅威でした。

しかしそんなピッコロも戦闘のレベルが上がるに連れて役立たずとなっていきます。

まぁ役立たずとは言い過ぎかもしれませんが、なぜ今だに最前線で戦うことが出来るのかを考えてみました。

 

ピッコロの人気の1つは悟空がクズロットと言われるくらいの戦闘狂で家族よりも戦いを好み子育てよりも強い奴と戦いたいというほどの戦い好きです。

ベジータも戦闘狂ではありますが家族を第一に考え今回の全覧試合も子供が生まれるという理由で断りました。

 

そんな戦闘狂の悟空の子供が悟飯であるのですが、悟空とは正反対の真面目人間です。

その裏にはチチの教育ママとしての子育てがあったことと、ピッコロが子育てには不甲斐ない悟空の代わりに生きる事の大変さや守る為の強さを教えてくれたから悟飯は真面目な人間に育ったと思います。

 

そんな悟飯の人格形成について切っても切れないピッコロであるし、そんな優しさがピッコロの人気の理由だと思います。

実力でいえば17号や18号に劣るかもしれませんがピッコロというドラゴンボールの世界の中では最も人間らしいキャラクターであり、頭もキレる存在なので、鳥山先生もピッコロは外せないのかと思います。

 

スポンサーリンク

 

ピッコロが選抜に選ばれた理由

ドラゴンボールの歴史上、ピッコロはピッコロ大魔王編から思い返すと全ての物語に関わっており、未来トランクス編では魔封波を提案するというさりげないところで活躍してくれました。まあ結果には繋がりませんでしたけど。笑

今の第7宇宙のメンバーで実力的に上位なのが今まで最前線で戦ってきた悟空とベジータです。

そんな悟空が認めるブウが彼らの次くらいでしょうか。悟飯がブウと同じくらいでしょうか。

17号、18号がその次くらいでその次がピッコロだと思います。

 

そう考えると必然的にピッコロが選ばれたことには疑問はないのですが、今度の力の大会でどう活躍できるのかを少し考えてみました。

力の大会は8つの宇宙で戦うバトルロイヤル方式です。1つの会場で一斉に80人が戦います。そうなると力だけではなく知力も必要と考えられます。

第7宇宙のメンバーの中で一番頭がキレる人物は間違いなくピッコロだと思います。きっとピッコロが自慢の知力を活かして活躍してくれることを期待しています!

 

スポンサーリンク

ところで・・・

ドラゴンボール超は週に1回なのでそれ見ちゃうと来週まで暇ですよね(^_^;)

なので僕はこれで暇つぶししています。

>>無料で出来る来週までの暇つぶし3選

むしろ最近はこっちがメインになりつつあるのがたまにキズでございます・・・(笑)

-キャラ