宇宙サバイバル編

ドラゴンボール超・力の大会の黒幕は天使?

 

【ドラゴンボール超・力の大会の黒幕は天使

 

ドラゴンボール超において、各宇宙の破壊神セットで存在し、宇宙によっては破壊神をもしのぐ力を持つと言う天使。

 

そんな天使たちですが、実は力の大会の黒幕なのでは?という噂が・・・

 

実際のところはどうなんでしょうか?じっくり考えてみることにしました。

 

スポンサーリンク

 

まだまだ謎が多い天使

破壊神自分が治める宇宙の一定条件を満たす星の破壊を生業・目的としていますが、天使たちはそもそもその目的がはっきりしないところがあり、その存在意義などを考えると、何となく腑に落ちないところもあります。

 

ウィスは以前、天使は中立で決して闘わないと言っていましたが、闘わないのになぜそんなに強いのか、あるいはそれは建前で、何かあればすぐ動けるように強いのか、そのあたりに関して今は謎です

 

どこかの宇宙には破壊神を上回る人間がいるとの噂もあったようですので、破壊神を上回る存在が出現した場合の抑止力なのかもしれません。

 

負けたら「消滅」は大神官の進言か?

力の大会は既に開始され、負けた宇宙は消滅することになっており、既に第9宇宙は敗退して消滅しました。それを避けるべく、引き続き各宇宙でしのぎを削っています。

 

今は優勝した宇宙以外は消えるというの周知の事実というか、約束事になっていますが、最初悟空が、

 

「別の宇宙の強者同士が闘ったら面白いかも」

 

というような力の大会のアイデアを出した時点では、全王は「負けた宇宙は消滅なの」とははっきり言っていなかったような気がします。

 

スポンサーリンク

 

これは、大神官が気を使ったというか、全王の気持ちを今流行りの忖度(そんたく)して消滅させることにったのではなかったでしょうか。で、それに全王も乗ってきた、という流れでした。

 

これが本当なら大神官という一天使が勝手に宇宙の行く末を決めた黒幕、ということになります。

 

各天使は大神官の子供で身内ですから、「宇宙は消滅しても天使のみ例外として消滅しない」というルールにしたのも、大神官の立場であれば納得がいくところです。

 

現時点では推測にすぎませんが、こう考えると、大神官と天使たちがますます怪しくなってきました

 

非常に冷徹な面を持つ天使

天使は強大な力を持っていますが自らは表立って動かず黒幕となり、さら自分たちより上位の全知全能の支配者である「全王」に取り入り、消滅を含め、複数の宇宙の行く末を天使の意のままに決める、という陰謀を考えたのかもしれません

 

それを裏付けるのかどうかは分かりませんが、第9宇宙が敗退し破壊神や界王神もろとも宇宙が消滅したとき、1人残った第9宇宙の天使モヒイトは不気味に笑っていました。

 

モヒイトの様子から分かることは、天使は自分の所属する宇宙に何の愛着も無いし、消滅すること何とも思っていないということです。

 

いずれにしても、その答えは話が進めば自ずとはっきりしてくるでしょう。

 

スポンサーリンク

 

この記事を読んでいる人はこちらの記事も合わせて見ていますよ!

ところで・・・

ドラゴンボール超は週に1回なのでそれ見ちゃうと来週まで暇ですよね(^_^;)

なので僕はこれで暇つぶししています。

>>無料で出来る来週までの暇つぶし3選

むしろ最近はこっちがメインになりつつあるのがたまにキズでございます・・・(笑)

-宇宙サバイバル編